MENU

腱鞘炎|小田原市の産後に多い腱鞘炎や交通事故治療なら山﨑接骨院

小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院

小田原市の山﨑接骨院では、産後のママに起きやすい腱鞘炎に対して、個々の症状に適した施術を行い、痛みの緩和や根本的な改善を目指すことができます。

 

痛みがあるとイライラにつながってしまう場合もあって、子育てに集中できなくなってしまいますし、痛みを我慢したまま育児を続けると悪化させることがあるため、痛みが軽度のうちにケアを行っていくことが肝心です。

 

出産後に腱鞘炎が増える!?

産後に腱鞘炎が増えてしまう原因には、これまで行ってきた家事とは違う作業が増えてしまうためです。

 

初めて子育てを行う人は特に、赤ちゃんを抱っこするときの姿勢や力加減も分からず、不安を抱えながら恐る恐る行ってしまうため、筋肉が緊張してしまったり、手首や肘、肩関節などに負荷がかかってしまうこともあります。

 

育児と授乳などを行うときには、いつも同じ行動をすることで使いすぎになりますから、同じ部分に疲れが溜まりやすくなってしまいます。

 

首や肩のコリや張りに発展し、さらには姿勢の悪化から骨のズレが起きて血流を悪が悪くなったり神経を圧迫してしまうようになると、自律神経まで影響してしまうことがあります。

 

産後の骨盤のゆがみはそのままにしないで、きちんとケアをしましょう

産後の骨盤のゆがみが戻っていないうちに、授乳の姿勢で猫背になる機会が多いのも影響していて、姿勢の悪化につながり肩甲骨付近の筋肉の緊張や張りが起こり、体調に影響してくることがあります。

 

さらにホルモンの分泌量にも変化が出て、腱の弾力性にかかわっているエストロゲンというホルモン量が産後に低下してしまうため、摩擦が起きやすい状態になっています。

 

腱鞘炎に対する施術として手首や肩甲骨の調整があり、小田原市の山﨑接骨院で専門的な施術が実施されているだけでなく、姿勢の悪さに対しても対応ができます。

 

骨盤のゆがみは産後数か月してから自然にもとに戻る人もいますが、中々解消されない場合には骨盤矯正を受けることで調節ができて、歪みによる影響を継続させないようにすることができます。

 

骨盤のゆがみは背骨のバランスなどにも影響してきて、痛みだけでなく冷えやむくみなどの原因になることもあります。

 

交通事故によるご相談は山﨑接骨院へ。問い合わせはこちらから

小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


交通事故のトラブルの早期解決は交通事故専門弁護士へ
交通事故治療なら整骨院へご相談ください


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市の交通事故・むちうち治療なら山﨑接骨院におまかせ!
小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院